( Patou) 2021年春夏コレクションが発表された。アーティスティック・ディレクターのギョーム・アンリによる3シーズン目となる今季は、ドレススタイルを中心にした華やかなムードで満ち溢れている。“新生パトゥ”による新しい1ページパトゥ 2021年春夏コレクション、“始まったばかり”のロマンティックなパーティーへ|写真180年代以降に活動を休止した後、2020年春夏コレクションでフレッシュに再起した新生「パトゥ」。100年以上続く老舗メゾンでありながら、“古くて若い”特殊な歴史を持つパトゥの物語は、まだまだ始まったばかりだ。今シーズンは、そんなメゾンの序章を盛大にセレブレートするような、ドリーミーなドレススタイルがコレクションを席巻。(CARVEN)や(NINA RICCI)で経験を積んできたギョームによる、新たな1ページが開かれる。ロマンティックなドレスルックパトゥ 2021年春夏コレクション、“始まったばかり”のロマンティックなパーティーへ|写真5それはまるで、パトゥのパーティーを覗いているかのようだった。足元に決まってエレガントなヒールシューズを合わせたモデル達は、ちょっぴり個性的な思い思いのドレスを披露している。

大きな風船ほど膨らんだバルーンスリーブに、幾重にもを重ねた、胸元まで広がるレース襟…。そんないささか“大袈裟”すぎるほどの装飾やディテールが目を惹くが、メゾンならではの的な表現で、ロマンティックに仕上げているのが今季のムードだ。フレンチシックを根底にパトゥ 2021年春夏コレクション、“始まったばかり”のロマンティックなパーティーへ|写真7また華やかなスタイルでありながら、どこか“親しみやすさ”も感じられるのは、ギョームらしい“フレンチシック”なの要素が紛れているかもしれない。例えば、ケープコートの特徴的なディテールを残すピースには、レースのフリル付きのボリューミーなスリーブを合わせたことで、な一着へとチェンジ。パトゥ 2021年春夏コレクション、“始まったばかり”のロマンティックなパーティーへ|写真4また胸元から大きなリボンがなびく真っ白なピースは、上品なスタンドカラーのブラウスを、ドレスとして再解釈したもののようにも感じられる。煌めくメタリックカラーパトゥ 2021年春夏コレクション、“始まったばかり”のロマンティックなパーティーへ|写真12パーティーに相応しい、エレガントなフラワーに加え、艶やかな光沢を放つメタリックカラーで溢れていたのも今季の特徴だろう。中でも印象的だったのは、ボリューミーなブラウスと合わせたパンツルック。本来甘さを抑えたハンサムな印象をもたらすスタイルだが、淡いピンク×スミレ色のメタリックカラーを合わせたことで、ドレスに引けをとらない華やかな表情に。おまけにパンツの裾にはフサフサと揺れるをたっぷりと飾ったことで、ドリーミーなムードをより一層盛り上げている。アクセサリーもアップデートパトゥ 2021年春夏コレクション、“始まったばかり”のロマンティックなパーティーへ|写真82020年春夏コレクションから、毎シーズン登場していたハットシリーズも、パーティースタイルに合わせてアップデート。フランス・ブルターニュ地方に伝わる伝統的なハットを着想源に、大ぶりのフリルテープでぐるりとデコレーションしているのが特徴だ。またジュエリーとしては、煌く真鍮製ゴールドのイヤリングやブローチが登場。いずれも大きなハートをモチーフにした、愛らしいデザインに仕上げている。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット