(stein)の、2020年春夏ウィメンズ&メンズコレクションを紹介。次々生み出されていくタイポグラフィーを着想源にシュタイン 2020年春夏コレクション - 未完成と完成形、両方の美しさを感じて|写真30原宿のセレクトショップ「キャロル」のオーナーも手掛けるシュタインのデザイナー・浅川喜一朗が今季掲げたのは「COMPLETE AND COMPLETE」というテーマ。イメージソースとなったのは、タイポグラフィーだ。次々に新たなフォントが生み出されていく中で、完成に向かう未完成段階の美しさと、突き詰めた完成形の美しさの両方から着想を得た。重心のバランスと立体的なフォルムシュタイン 2020年春夏コレクション - 未完成と完成形、両方の美しさを感じて|写真31目に留まるのは、ゆったりとした仕立てのウェア。ロングコートや、など、いずれのウェアもオーバーシルエットながら、でクリーンな空気感に昇華させている。独特なポイントは、重心のバランスと立体的な。シュタイン 2020年春夏コレクション - 未完成と完成形、両方の美しさを感じて|写真19例えば、肩を大きくドロップさせたや、タイロッケンコートなどのアウターは、いずれも袖に広がりを持たせつつ、下に重心を置いたデザイン。直線的に袖が落ち、流れるような身頃とともに、身体に沿った縦長のシルエットを描き出している。シュタイン 2020年春夏コレクション - 未完成と完成形、両方の美しさを感じて|写真42のショートジャケットや、ボクシーなフォルムのは、程良く肩の力が抜けた緩やかさと、シルエットをきれいに見せる絶妙な立体感が魅力。袖の一部に切り込みを入れたVネックや、半袖シャツは背中に重心を置いた、丸みのある造形が特徴的だ。コンフォートな抜け感がありながら、洗練された空気感も漂わせている。遊びのあるディテールシュタイン 2020年春夏コレクション - 未完成と完成形、両方の美しさを感じて|写真17コーディネートにアクセントを加える、デザインディテールにも注目したい。フロントにベルクロを配したは後ろ側も開く仕様になっており、バックスタイルに遊びを効かせた。シャツの袖には腕に沿うようにしてボタンがあしらわれており、インナーの袖を見せるようにして着こなすことが可能だ。シュタイン 2020年春夏コレクション - 未完成と完成形、両方の美しさを感じて|写真12また、ポケットを複数配したテイストのベストや、袖から肩周りのみを覆うショートトップスを使ったスタイルも印象的。ベーシックなコーディネートにひねりを加え、構築的な佇まいを提示した。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット