(シーエフシーエル)の2022-23年秋冬コレクションが発表された。身体の枠にとらわれない“新しいニットウェア”CFCL 2022-23年秋冬コレクション - 身体の枠にとらわれない“新しいニットウェア”|写真10実験的・先進的な姿勢を構えながら、現代の人々の生活に寄り添うシンプルな衣服を提案するCFCL。以来、3Dコンピューター・ニッティングの技術を中核に据え、高品質で機能性に優れたメイド・イン・ジャパンの服を展開してきた。

今季は、二元的な定義では語ることのできない“境界線上にある事象や存在”に注目し、しなやかに伸びるニット素材で表現。身体の形状を超えたアウトラインを描く、新しい日常着を生み出した。緩急のある構築的なシルエットCFCL 2022-23年秋冬コレクション - 身体の枠にとらわれない“新しいニットウェア”|写真37目を引くのは、大胆に緩急をつけた構築的なシルエット。たとえば、ブラックのパンツは2種類のリブをボーダー状に組み合わせることで揺らぐような独特の曲線を演出。上に合わせたトップスも、冬の温かみを感じるモヘア素材とリブの再生ポリエステルとを交互に編み立て、袖をきゅっと絞ったようなバルーンフォルムに仕上げている。“壺”のような丸みの「POTTERY」シリーズCFCL 2022-23年秋冬コレクション - 身体の枠にとらわれない“新しいニットウェア”|写真25身体を優しく包み込むスカートやシームレスなニットドレスをはじめとする、“壺”のような丸みが特徴のアイコンシリーズ「POTTERY(陶器)」のアイテムは今シーズンも健在。そのエアリーなシルエットと呼応させるように、同じくボリューミーなワイドパンツやベルスリーブのトップスを合わせ、コーディネート全体を通して立体感を強調しているのが印象的だ。深いレッドやピンクのアクセントCFCL 2022-23年秋冬コレクション - 身体の枠にとらわれない“新しいニットウェア”|写真23シルエットの個性を際立たせるよう、カラーは単色使いでシンプルに。白や黒など落ち着いたパレットを基調としながらも、深いレッドやブルー、彩度の高いピンクなどを織り交ぜることでルックを引き締めた。“地層”のようなボーダー模様CFCL 2022-23年秋冬コレクション - 身体の枠にとらわれない“新しいニットウェア”|写真19また、柔らかくハリ感のあるピンタック編みであしらわれた“地層”のようなボーダー模様にも注目。ロンパースやサルエルパンツなどにはネイビーやグレーなど寒色系でまとめたボーダー、ブルゾンやニットバッグなどにはイエローやパープルなど明るいマルチカラーでまとめたボーダーを配し、コレクション全体をリズミカルに彩った。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット