(BOTTEGA VENETA)がイタリア・ミラノにて2015-16年秋冬メンズコレクションを発表した。 クリエイティブな 生活 をインスピレーションの源にし、何気ない着こなしにはっとさせられる、個性的なバランスのルックが多く登場。今までのコレクションに抱くような、全てが揃い入念に考え抜かれたコーディネートとは一線を画すスタイルが登場した。 「異なるものを組み合わせ、調和させる」という今コレクションの本質を反映し、スエードやラムレザー、更には両面仕立てのウールやカシミアなど、高級感のある異なる素材を幅広く使用。親しみやすいコーディネートに気品をまとわせた。カラーパレットはダークカラーが中心。色合いの異なるグレーや暗いレッド、ダークブルーを用いながら、イエローやパープルなど、一見難しい色を自然に取り入れている。 ボトムスはゆったりとしたシルエットが多く、コーディネートに暖かみを加えているが、足元には幾何学模様やカラフルな柄が印象的なレザーシューズを用い、柔らかい印象を程よく引き締めている。トップスは、セミカジュアルな印象のジャケットやアウターが多く登場。ゆったりとしたボトムスと適度に緊張感のあるトップスのバランスは、簡単なようで、絶妙なテクニックを感じさせる。 ショー内で登場したバッグは1泊旅行に使えるような大きいバッグが中心。「カバ」に加え、2種類の新しいデザインが打ち出されている。今シーズンの「カバ」は、洗いをかけたビンテージレザーにグラフィティを取り入れたもの。新デザインとしては、やクロコダイルを使用した「モナコ」や、オーストリッチまたはビンテージレザーを使用した「ツアー」が登場した。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット