カリフォルニア発のファストカジュアル・メキシカン「クロニックタコス(CHRONIC TACOS)」が、2019年2月9日(土)東京・新宿、大阪・難波の「」に同時オープン。関西初出店となる。 「」は、2018年3月に日本初上陸したカリフォルニアン・メキシカン。日本1号店は東京・銀座にオープンした。 「クロニックタコス」は、アメリカで急成長中のファストフードとカジュアルレストランを掛け合わせた ファストカジュアル 業態。低価格だが質の高い料理を提供する、人気のジャンルだ。 「クロニックタコス」では、フルカスタマイズ・スタイルで料理を提供。タコスの生地はフラワー(小麦)・コーン(とうもろこし)・コーントルティーヤを揚げたクリスピータコスの3種類から選択でき、挟む具材も好みのものをセレクトできる。使用する肉はすべて国産。シーフードを使ったヘルシーなメニューも用意する。 また、オーダーを受けてから調理するため、できたての状態で味わえるのも嬉しいポイントだ。 【詳細】
■クロニックタコス新宿店
オープン日:2019年2月9日(土)
住所:東京都渋谷区代々木2-7-12 フードホールブラスト!内
■クロニックタコス難波店
オープン日:2019年2月9日(土)
住所:大阪府大阪市中央区難波2-1-2 太陽生命難波ビル1階・B1階 フードホールブラスト!内 価格帯目安:昼900円、夜2,500円程度

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット