神戸開港150年を記念して進められてきた、メリケンパークの再整備が完了。2017年4月5日(水)にリニューアルオープンする。リニューアル後のメリケンパークは、夜間にライトアップされるほか、「」や「FISH IN THE FOREST」も出店するなど、新たな魅力をもつ観光スポットとなる。 メリケンパークは、神戸開港120年の昭和62年に建てられ、以来30年にわたって「みなと神戸」を代表する公園として愛されてきた。より多くの人々で賑わうウォーターフロント空間にするため、2016年3月から工事が進められ、全面リニューアルを果たす。 メリケンパークの水際には新たに高さ2mのロゴマーク「BE KOBE」モニュメントが作られる。このロゴマークには阪神・淡路大震災から20年を機に生まれた 神戸の様々な魅力の中で、一番の魅力は人である という思いが集約されている。さらに、芝生広場や50本からなる桜並木が、緑豊かな憩いの場を提供する。 夜のメリケンパークはデートスポットに最適だ。毎日、日没から23:30までは桜並木等の樹木やモニュメント、水際がライトアップされ、神戸の夜景を彩る。
公園内には飲食店も出店。2月17日(金)に先んじてオープンした「FISH IN THE FOREST~TOOTH TOOTH そら植物園~」は、食と自然とカルチャーの発信をコンセプトに、神戸近郊の食材をつかった料理などを提供。また、「」は4月21日(金)オープン予定。西日本最大級の店舗面積を誇り、関西エリアでは初めての公園内店舗となる。 【概要】
メリケンパーク リニューアルオープン
オープン日:2017年4月5日(水)
住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット