アップル(Apple)が、スマートフォン「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」を発表した。2022年9月16日(金)に発売される。4色のカラーアップル「iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max」発表|写真3ディスプレイは、「iPhone 14 Pro」が6.1インチ、「iPhone 14 Pro Max」が6.7インチで、ともにカラーバリエーションは「スペースブラック」「シルバー」「ゴールド」「ディープパープル」。ステンレススチールと質感のあるマットガラスのデザインを採用している。ストレージは128GB、256GB、512GB、1TB。アップル「iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max」発表|写真17サイズ感
iPhone 14 Pro:71.5mm(幅)×7.85mm(奥行き)×147.5mm(高さ)、重さ206g
iPhone 14 Pro Max:77.6mm(幅)×7.85mm(奥行き)×160.7mm(高さ)、重さ240g4800万画素のカメラアップル「iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max」発表|写真5「13 Pro/Pro Max」は1200万画素だったのに対して、「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」では、iPhone史上初の4800万画素のメインカメラを搭載した。アップル「iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max」発表|写真10望遠と超広角では1200万画素のカメラを搭載。望遠カメラは3倍の光学ズームに対応している。また、暗い場所でも撮影性能を向上させる画像パイプラインである「Photonic Engine」を備え、新しいカメラシステムを導入。メインカメラでは最大2倍、超広角カメラでは最大3倍、望遠カメラでは最大2倍の性能が向上したという。アップル「iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max」発表|写真18また、デジタルズームを使用せずに、センサーの中央部分の1200万画素カメラを使用してフル解像度の写真や4Kビデオを撮影できる。これらより充実した写真撮影を可能にしたのが新搭載のクアッドピクセルセンサーだ。

※カメラのズームにはデジタル式と光学式がある。デジタルズームは、画像の一部を切り取って拡大しズームする。一方、光学ズームはレンズの動きで焦点距離を変え光学的に被写体を大きくする。iPhone史上初の常時表示ディスプレイアップル「iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max」発表|写真19「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」では、iPhone史上初となる常時表示ディスプレイを実現。これにより、ロック画面がより便利になり、時計、ウィジェットなどをそのまま確認できる。ディスプレイは、有機EL「スーパーレティナ XDR ディスプレイ」を搭載し、iPhone 13 Pro比較で2倍の明るさで、屋外でのピーク輝度も向上させている。高パフォーマンスのゲームも快適に行える処理速度アップル「iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max」発表|写真15A16 Bionicを搭載。パフォーマンスとエネルギー節約を組み合わせたもので、グラフィックスを駆使したゲームやアプリケーションにも最適でありながら、従来モデルとほぼ同等のバッテリー駆動時間(使用状況による)を実現。「iPhone 14 Pro Max」なら最大29時間のビデオ再生を可能にし、「iPhone 14 Pro」は最大23時間のビデオ再生が可能だ。アップル「iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max」発表|写真1

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット