(CHRISTIAN DADA)の2018年春夏コレクションが2017年6月23日(金)にフランス・パリで発表された。クリスチャンダダ 2018年春夏コレクション - 時は創作の味方となる|写真5今回のクリスチャンダダは、ものが朽ちるということをデザインに転換している。デニムの裾は切りっぱなしだし、ニットはツギハギや糸のほつれが見られる。レザーはさながらビンテージ。そして、状のは、立体感があるとともに、同じ柄でも一枚一枚表情が違う。時を重ねればもっと、その違いが感じられそうだ。クリスチャンダダ 2018年春夏コレクション - 時は創作の味方となる|写真11激しい装飾は、そういった奥ゆかしいデザインよりわかりやすく目立った。ビーズをぎっしり配したパンツは歩くたびにシャラシャラと音がなるほど立体的になっている。そして、クリスチャンダダらしい刺繍のには、和の歴史を取り入れた。骸骨の絵が印象的な、歌川国芳の 「相馬の古内裏」は「クリスチャンダダ」の名前をプラスして採用。また、「OIRAN」は、艶やかに、かつ少しコミカライズされにのせられた。クリスチャンダダ 2018年春夏コレクション - 時は創作の味方となる|写真3小物類で加えたウエストへのアクセントは、ルーズな着こなしの中で重要な役割を担っている。ウエストに置いた小さなウエストポーチは、オーバーサイズのジャケットをグッと絞めるため。あるいはリングベルトは長く垂らして使用された。クリスチャンダダ 2018年春夏コレクション - 時は創作の味方となる|写真73そのなかでも一番面白かったのは、クロコダイルの革を、ぐるりをのように巻いたスタイルだ。Tシャツだろうがジャケットだろうが気にせずウエストを覆っている。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット